中央区、港区、千代田区、の人気小学校の概要とエリア内の高級賃貸マンションをご紹介

希望小学校に入学する方法

  • HOME »
  • 希望小学校に入学する方法

入学前に知りたい、学区域の知識とは?

まず今お住まいのご住所によって該当する学区域の小学校・中学校については『こちらの小学校に通ってください』という通知が、入学する前年度の秋ごろに各地方自治体の教育員会からそれぞれのご自宅に書面で通知がきます。そのため、事前にこれからお子様が進学することになるご両親様はネットで各自治体が学区域について通知していますので確認が必要です。
また、学区域の選定方法はお子さんの人数が偏らない様に、通学中の事故が起こらない様に交通量の多い道路は通学で通らなくていいようになどを考慮して決めているようです。今の学区域の小学校は良い評判を聞かない、などの理由で学区域外の学校を探してみようかな?とういう考えの方に選択肢としてどのような方法があるかご紹介させて頂きます。

①指定の住所内に住む

まず間違いない方法が、希望の小学校が指定している学区域に住むことです。学区域は〇丁目〇番地〇号まで指定されています。例)中央区立常盤小学校 ☞ 本石町、室町、本町、本町2丁目、本町3丁目(1~5番)、本町4丁目(1~8番)限られたエリア内で希望の住居を探す必要があります。

②「学校選択制」で選択する

学校選択制とは2000年ほどに、学区は関係なく同じ自治体の学区域であれば好きな学校を選択できるという制度です。例えば品川区であれば品川区をいくつかのブロックに区画割をしてその区画内の小学校であれば希望の小学校に入学することができるという方法です。まず初めに品川区で導入され、25%ほどの人がこの制度を利用して小学校を決めているようです。しかし、これは各自治体によって決められているため必ず選択できるというわけではないため、お住まいの区によって自治体に確認が必要です。この制度で選択肢が増え地域のコミュニティーの輪が広がるというメリットも生まれていたようです。デメリットとしては人気のある小学校の倍率が高まり、人気のない小学校の児童数が減るという偏りが生まれてしまっています。学校側もいかにご両親が通わせたい小学校を運営するかという学校の特色を生み出していけなくなっています。これは長期的には全体的な底上げとして運営がうまくいくようになればこの制度はとてもいいと言えると思います。

③小学校を越境で決める

越境とは、行政に決められている学区域の公立ではなく、別の学区域の学校に入学する事です。越境での入学は様々な理由があります。例えば、今のお住まいの住所での学区域の学校の評判が悪い、学区域外に入学させたい学校がある、など理由があります。越境での入学ということは家とは離れている場所に通学させることになります。越境での入学ができるか?の審査は教育委員会に問い合わせをしてみるという方法が一般的です。ただし人気の学校は難しいことが多くその年の入学する生徒の数にもよりますので、毎年条件は変わると言っていいでしょう。
教育委員会の判断基準として、共働きの両親の職場が学区域から離れているため、職場に近い学校に進学させた方が安心できる、数年後の転居が決まっているため先に転居先の学区域に入学することで途中で子供の転校が必要なくなる、などの理由が必要になります。中には住所を置くためだけに、親戚の住所に住民登録して実際に引っ越しをしない、希望の学区域内に住まないが1Rのマンションを借りて入学するなどの方法をとる方がいます。しかし、実際に住んでいないことが発覚すると転校しなくてはいけなくなりかなりリスクのある方法になるためお勧めできません。また、子供の目線でか考えると幼稚園の友達とは違う離れた学校に通学するため、友達を作るのに時間がかかるかもしれないというデメリットも目先では考えられます。しかし、遠くまで通わせたい理由がご両親にはあるはずですから、目の前の事よりも今後のお子さんの事を考えての決定の方がお子様にとっても良い結果になる気がします。

『越境入学が認められた時のお手続き』

晴れて越境入学が認められた時に必要な手続きですが、①本来在籍すべき学区域の先生に連絡する。②学校長の承諾書やそれに淳じゅる資料を整える。③②で揃えた書類をもって子供が住民票を登録している区役所に行き小学校について担当している課に申請する。④就学通知書の交付を受ける⑤入学先の学校にすべての書類を提出する。大きく上記の方法で申請することが可能です。

④国立、私立の小学校を受験する

東京都内では普通に行われている、小学校受験といわれるものです。小学校受験をする両親はすでに幼稚園から小学校受験できるように選択しているという事前準備もあります。どこまでが子供のためかは両親のお考え次第になりますが両親次第で子供の今後が決まりますので責任重大ですね。国立の小学校は制服を着て、離れた場所にバス・電車で通学ということになります。学校によって倍率は異なりますが、国立ということで私立よりも学費という意味では安くなります。その分入学したい生徒の数が多いため入学するためには運も努力も必要です。また、国立の小学校によって、進学できる中学校、高校がない可能性もあるので再度受験が必要になる時があります。

※おおよその国立の小学校の学費平均;初年度50万前後(入学金、制服代、教材費などの費用を含む)2年目以降:20万前後

国立に比べて私立の小学校受験については、小学校から中学校、高校とエレベーター形式で進学できるようになっている学校も多くあります。国立に比べても倍率が高い私立はたくさんありますが、国立と比べても学費の高さは著しく富裕層の家庭でないと進学は家計にとってかなり負担になります。私立の小学校は学校によって様々な教育方針があります。男子校、女子高があるのも私立ならではの考えに基づきカリキュラムが組まれています。

※おおよその東京都私立の小学校の学費平均;初年度:110万前後(入学金、制服代、教材費などの費用を含む)2年目以降:75万前後というデータが出ています。また、学校によって寄付金を求められることが多く付き合いも大変と思われる方もいる。

まとめ

今お住まいのご住所からの小学校の入学については、大きく以上の4つの方法でお子さんの入学させる学校を選んでいくことになる。宗教的な学校の校風や教育方針も選択する理由としては大きいと思います。東京都内では地方に比べてもかなり教育にかける費用は上がっています。それだけ教育について重要と考える親が増えています。おおよそ学区域以外の学校の選択する際は入学の時期の1.5年前から説明会に参加したり、資料を取り寄せたりする方が多いようです。一番安全な方法は費用はかかりますが、事前に希望の小学校を決めてその学区域内で住居を借りることで人気のある公立の小学校に入学できる可能性が高まります。
しかし、その際には決められた学区域内でご希望の間取り、広さ、家賃、築年数などのご条件で賃貸マンションを探す必要があります。都内の人気公立学校のエリアは中央区、港区、千代田区、江東区、渋谷区など坪単価の高い高級マンションの多いエリアになります。ご希望の小学校の学区域から高級賃貸マンションを検索できるサイトもございます。小学校に入学するということは6年間は近くのエリアに住み続ける方が多くいらっしゃいます。住環境や家賃相場などを下調べすることも小学校を調べる事と同じように重要になります。

参考サイト ① 学区域にあわせて検索可能! https://www.litera-properties.com/district/school
写真が豊富、情報更新早い

参考サイト ② 広範囲での物件紹介、物件の説明が多い http://www.prometea.info/

 

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL mailよりお問い合わせください 受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.